【金欠の僕がやったこと】固定費を見直せば毎月勝手に節約できる!年18万の節約

皆さんこんにちは「マイライフメモリードットコム」管理人のゆうしゃんです。

 

いきなりですが、質問です。

「あなたはお金を貯めたいですか?」

 

この質問で「YES」と答えた方は絶対に本記事を隅々までご覧ください。

「NO」と答えたあなたは本記事を見なくてもOKです。

 

では、お金を貯めたいあなたにもう一度質問させてください。

「あなたはお金を貯めるために、何か努力しましたか?」

 

ここで多くの方は「NO」と答えると思います。

多くの方が心の中では

  • もっと貯金できたら良いな
  • もっとお金を貯めたいな
  • 節約できないかな~

と思っていても、実際に行動するところまでは至りません。

 

そこで今回はお金を貯めるために必要な第一ステップである

「固定費」の見直しをすることで、こんなにお得になるんだよ!ということを僕が年18万円節約した実績もふまえてお伝えできたらなと思います。

「固定費」とは

まず、固定費の見直しについてお話しする前に「固定費」とは何か。

これについて理解しなければなりません。

 

固定費とは「固定」でかかってくる「費用」のことを言います。

ようするに、毎月毎月決まって料金が発生するもののことですね。

 

例えば

  • 家賃・住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 携帯料金
  • ネット料金
  • 水道空熱費
  • 定額サービス

などなどが存在しています。

これらの料金は一度見直してしまうことで、今後ずっと料金を節約していくことができるのです。

 

では、具体的にどのようにして僕が年18万円もの金額を節約できるようになったのでしょうか。

僕が固定費の見直しで年17万円節約した方法

携帯料金の見直し

まず、僕が一番はじめに目をつけた料金は「携帯電話料金」

僕は以前auを利用していました。

 

そのときの料金はこちら…

毎月1万1千円ほどの料金となっています。

 

これを見直し、楽天モバイルへと切り替えました。

これにより月々の料金を毎月1千円程度まで落とすことに成功しました。

 

これで毎月1万円の節約になります。

ただ、au時代に購入した「iPhoneXsMAX」の分割払い(48回払い)の残債を月々3,300円ずつ払い続けなければなりません。

これを含めると、月7千円程度の節約です。

 

毎月7千円の節約、年間で考えれば8万4千円の節約になります!

使い勝手もau時代と変わらない、もしくはさらに使いやすくなっています。

楽天モバイルへ乗り換えました

【携帯料金節約】携帯電話をauから楽天電話へMNP(乗り換え)しました!

2019年4月26日

これを考えると、かなり携帯呂金の見直しがいかに大切かが分かりますね。

楽天モバイルの公式サイトへ

プロパンガスの解約

皆さんご存じかもしれませんが、プロパンガスの料金はとても高い。

異常です。

プロパンガス会社に物申す

僕は怒っている!!プロパンガス会社(山陽瓦斯)に物申す!

2018年2月18日

にもかかわらず、一方的に値上げしてくる始末。

 

僕の現状を説明すると

コンロはIHのため、電気を利用しています。

ガスを使う場面と言えば、お風呂のみ。

 

また、今の季節は暖かくなってきたため

ガスを解約してもみずシャワーで我慢できるレベルです。

 

ガスを解約し、冬までに電気でお風呂のお湯をわかす器械


パアグ スーパー風呂バンス1000

これを冬までに購入する計画です。

 

最低限髪の毛、体を洗える程度の湯をスーパー風呂番酢を使いポリバケツなどに貯め、それを使って洗うという作戦を考えています(笑)

僕は普段から温泉がすきでちょくちょく行っているので、湯につかりたくなったら近くの温泉を利用する予定です。

 

これにより基本料金2,052円+従量料金分節約できることになります。

従量料金は月によって本当にばらばらなため、いくらと言うことができません。

冬には8,000円近くなったこともありますし、夏なら3,000円程度で済んだ月もありました。

しかし、最低限プロパンガスの基本料金の2,052円は毎月節約できることになります。

 

月2,052円、年間で考えれば24,624円の節約となります!

電気料金の見直し

僕は合計3回電気料金を見直しました。

電気料金はそれくらい奥が深いのです。

 

はじめは何も考えずに、不動産屋に連絡しろと言われていた

東京電力エナジーパートナーと契約を交わしました。

 

しかし、しばらく使っている内に電力会社は東京電力以外にもいろいろあるんだということを知りました。

次に契約したのが「アイ・グリッド・ソリューションズ」という会社が運営している「スマ電」というものです。

 

たしかに東京電力より安くなり、満足していたのですが

ANAのマイルが貯まる電力会社「エネオス電気」というものを発見してしまい、ANAのマイルほしさに乗り換えました(笑)

 

この2つの電力会社の徹底的に違うところは

「基本料金の有無」です。

 

エネオス電気には基本料金がある変わりに、従量料金が安く設定されています。

スマ電は基本料金がない代わりに、従量料金が少しお高めに設定されています。

 

要するに、エネオス電気は全く使わなくても基本料金だけは発生してしまうのです。

 

しかし、最近の僕のライフスタイルは海外旅行に行ったり、リゾートバイトで家を明ける機会が多くなってきました。

そこで、基本料金のない「楽天エナジー」へと電力会社を切り替えました。

 

ANAのマイルこそは貯まりませんが、その代わりに楽天スーパーポイントを貯めていくことができます。

電気料金も月によって使用量が変わるため、正確には分かりませんが300円程度は節約できる見込みです。

 

年間で考えれば3,600円の節約ですね!

楽天エナジーの公式サイトへ

保険の見直し

僕は今20歳の学生です。

にもかかわらず、なぜか「全労済(こくみん共済)」の

  • 安心医療H(ハーフ)
  • 終身医療5,000

という2つの保険に加入していました。

 

終身医療5,000は若い内から加入することで、老後もずっと安い保険料で利用できるため

良い選択だったと思います。

 

しかし、毎月1,150円ずつかかる安心医療H(ハーフ)は正直健康な僕には必要ないかなと思いました。

今の時代、高額医療保障や医療費の3割負担だってあります。

それならば、別の保険に加入する必要はないかなという判断をしました。

 

毎月1,150円。年間で考えれば13,800円の節約です!

たかが月々1千円程度だと思っていても、それが継続的に続くとかなり大きな出費につながることが分かったと思います。

既存契約内容の見直し

僕はムダにいくつも契約しているモノがありました。

当時は使うと思っていても、今冷静に考えればあまり使っていないモノだったり。。

本来学割が適用されるのに、適用されていなかった契約があったりと、既存の契約内容を見直すことでかなり大きな節約になりました!

 

例えば。。。

★スカパー契約内容の見直し

僕はスカパーという有料放送サービスを契約しています。

僕の契約しているプランは「スカパー新基本パック」

これは48チャンネルが見放題になるという契約内容のパックで、毎月3,672円です。

スカパーには基本料金があり、421円が足されるため、合計で4,093円もスカパーへ支払っていたのです。

 

しかし、僕は平日は学校があり、その後に仕事もあります。

土日祝日だって仕事です。

休みは週1程度。そんな48チャンネルも見ていられません。

実際僕が見ているのは数チャンネル程度でした。

 

そこで、スカパーセレクト5という見たいチャンネルオ5つ選んで契約できるプランへ変更しました。

このプランに変更したことにより、毎月の料金を2,401円にまで下げることに成功しました!

 

その差毎月1,692円。

2年近くこの無駄なお金を払い続けてきたのです…

計算したくないですが、僕が今までムダにスカパーへ払い続けてきた金額は約4万。

 

契約プランを見直したことにより、年間20,304円の節約になりました!

 

★ネットフリックスの契約プランの見直し

皆さんご存じかもしれませんが、ネットフリックスには3種類のプランが存在しています。

  • ベーシックプラン(800円)
  • スタンダードプラン(1,200円)
  • プレミアムプラン(1,800)

上記3種類のプランですね。

 

上記プランの違いは、同時に見れる台数や解像度の違い。

僕は4台まで同時に見られ、最大画質が4Kの「プレミアムプラン」を契約していました。

 

しかし、僕がよくネットフリックスを見る端末は「iPhone」です。

iPhoneは4Kには対応していません。また、4K対応のテレビでも時々見ることがありますが、正直フルHD画質で十分。

同時に4台でなんてみません(笑)

 

そのことをふまえ、最大画質がフルHD、同時に2台まで見れる「スタンダードプラン」へと変更しました。

これにより毎月600円、年間7,200円の節約になりました!

★ヤフープレミアムの解約

これはなぜ加入したのか記憶にありませんが、毎月ヤフープレミアムから請求が来ていることに気がつきました。

おそらく何かのキャンペーンとかと同時に申し込んでしまったのだと思います。

 

しかし、入ったことすら記憶にないくらいサービスを利用していません(笑)

にもかかわらず毎月462円もの大金を支払い続けていたのです。

 

たかが毎月465円でも1年で考えれば5,580円の節約です。

家族で外食1回はいけてしまいますね。

★インターネットオプションサービスの見直し

僕は今現在「So-net光コラボ」というネット回線を利用しています。

So-net光コラボ自体はとても安く満足しているのですが、au契約時代にオプションサービスとしてつけていた「光電話」というサービスに毎月500円を支払っていました。

 

光電話は固定電話サービスなのですが、僕は固定電話機自体持っていません(笑)

とりあえず、電話番号が与えられ固定電話をつなげば使える状態で毎月光電話代500円を支払っていたのです。

 

これはau時代に「スマートバリュー」という割引をつけるために必須のオプションだったため、契約したためです。

毎月光電話代500円支払えば、au利用料の方から1,000円引きされると…

 

しかし、auを解約したい今このオプションサービスは不要です。

そこで、解約し毎月500円、年間6,000円の節約に成功しました!

★Office365 Soloの見直し

僕はマイクロソフトの提供するサービス「Office365 Solo」というサービスに加入していました。

これは、毎月一定額(1,274円)を支払えば、最新のOffice製品が使い放題になるというサービスです。

 

これはこれで、とても優れたサービスだとは思います。

だって、Officeってかなり高額ですからね…

 

ただ、僕は学生。

マイクロソフトは学生向けに「Office 365 Education」というサービスを提供していたのです。

これは学生ならOfficeが無料で利用できるというとてつもなくお得なサービス。

 

これを知らずに、毎月1,274円。年間15,288円もマイクロソフト様へ上納し続けて居たのです(驚)

僕はすぐにOffice365 Soloを解約し、Office 365 Educationを契約しました。

 

これにより年間15,288円もの節約へとつながったのです。

まとめ

このように、しっかりとめんどくさがらずに一つ一つ契約内容を見直していくだけで

後は継続的に料金が安くなっていくのが「固定費の見直し」です。

 

僕は今回めんどくさい「固定費の見直し」という作業をすることで

年間18万円もの節約に成功しました。

 

これだけの金額があれば、1回は海外旅行へ行けそうな金額ですね。

たった一度の手続きで毎月毎月支払う金額が安くなっていくため、いつかやろうではなく今すぐに固定費の見直しを行ってみてください!

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

今後とも「マイライフメモリードットコム」をよろしくお願いいたします。

各種SNSやってます!

是非フォローのほどよろしくお願いいたします!
また、当ブログへのお問い合わせは、下記から可能です。

Twitter Instagram B!Hatebu Feedly Contact

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です