B!Hatebu Twitter Contact

感動する!みんなに聞いて欲しい曲Bars & Melodyの「Hopeful」

Hopeful サムネイル

どうもこんにちは、マイライフメモリードットコム管理人のゆうしゃんです。

今回は、どうしても皆さんと共有したい曲があったのでご紹介させていただきます。

まずは聞いてください!

歌詞

Please help me God , I feel so alone
(神様お願い助けてよ、僕は今ひとりぼっち)

I’m just a kid , I can’t take it on my own
(だけど僕はまだ子供だからどうしたらいいか分からない)

I’ve cried so many tears, writing this song
(僕はたくさん泣きながらこの歌を書いている)

Tryna fit in, where do I belong?
(自分の居場所を作ろと試してみたけど分からない)

I wake up everyday, don’t wanna leave my home
(毎朝起きると学校に行きたくない)

My momma’s asking me why I’m always alone
(僕のママは聞いてくる「どうしていつも一人なの?」)

Too scared to say, too scared to holla
(でも、怖くて誰にもいえないよ)

I’m walking to school with sweat around my collar
(僕はいつもおびえながら学校に行くんだ)

I’m just a kid, I don’t want no stress
(僕はまだこどもなのにこんなストレスはもう嫌だ)

My nerves are bad, my life’s a mess
(僕の精神はズタボロで 僕の人生はめちゃくちゃさ)

The names you call me , they hurt real bad
(僕を呼びつけ 僕を傷つける)

I wanna tell my Mum but she’s having trouble with my Dad
(ママに言いたいけれど、ママはパパとトラブル中)

I feel so trapped, there’s nowhere to turn
(もうどこにも逃げられないよ)

Come to school, don’t wanna fight I wanna learn
(僕はいじめられに学校に行くんじゃない、勉強がしたいだけなんだ)

So please mister bully, tell me what I’ve done
(ねぇいじめっ子さん 僕が君になにかした?)

You know I have no Dad, I’m living with my Mum
(僕にパパがいないことを知っているよね? 僕を守ってくれるのはママしかいない)

Cause I’m hopeful, yes I am, hopeful for today
(それでも希望は捨てないで こんな日にだって希望はあるから)

Take this music and use it, let it take you away
(この歌を君に送るよ この歌が必要な君に)

And be hopeful, hopeful, and he’ll make a way
(希望さえ持っていれば、道はきっと開けるから)

I know it ain’t easy, but, that’s okay
(希望を持つことが簡単じゃないことくらい僕にだって分かってる)

Just be hopeful
(だけど、希望は捨てたらダメなんだ)

Why do you trip at the colour of my skin
(なぜ君はいつも僕の所へ来るの?)

And whether I’m fat or whether I’m thin
(僕の肌の色のせい?それとも体型のせいなの?)

You call me loser, you call me a fool
(君はいつも僕を馬鹿にする)

I ain’t got a choice, I gotta go to school
(嫌でも学校に行くしかないんだ)

I wish I had an angel to stick by my side
(僕のことを守ってくれる天使がいたら良いのにな)

I’m shaking with fear, I’m so scared inside
(いつも怖くて、僕はもう限界)

Doesn’t really matter if I ain’t got the looks
(偏見の目で見られるならまだましさ)

Why do you always hurt me and destroy my books?
(どうして君はいつも僕を傷つけるの?)

Cause I’m hopeful, yes I am, hopeful for today
(それでも希望は捨てないで こんな日にだって希望はあるから)

Take this music and use it, let it take you away
(この歌を君に送るよ この歌が必要な君に)

And be hopeful, hopeful, and he’ll make a way
(希望さえ持っていれば、道はきっと開けるから)

I know it ain’t easy, but, that’s okay
(希望を持つことが簡単じゃないことくらい僕にだって分かってる)

Just be hopeful
(だけど、希望は捨てたらダメなんだ)

I give you all my money every single day
(いつも君は僕からお金を奪っていく)

I didn’t ask to be born but now I have to pay
(僕は望んで生まれてきたわけじゃない 生きているだけで罰金を払わないといけないの?)

I ain’t got no food, you take all I have
(食べ物もすべて奪われた 僕はもう何も持っていない)

When I give it to you, you search through my bags
(もう何もないのに、それでもバックの中をかき回す)

I wrote this song for you to see
(僕は君たちのためにこの歌を書いた)

We could’ve been friends, yeah you and me
(仲良くなろうよ)

Mister bully, take a moment please
(いじめっ子さん達、お願いだからもう辞めて)

Every single day you bring me to my knees
(僕は毎日君たちにひざまずいている…)

Cause I’m hopeful, yes I am, hopeful for today
(それでも希望は捨てないで こんな日にだって希望はあるから)

Take this music and use it, let it take you away
(この歌を君に送るよ この歌が必要な君に)

And be hopeful, hopeful, and he’ll make a way
(希望さえ持っていれば、道はきっと開けるから)

I know it ain’t easy, but, that’s okay
(希望を持つことが簡単じゃないことくらい僕にだって分かってる)

Cause I’m hopeful, yes I am, hopeful for today
(それでも希望は捨てないで こんな日にだって希望はあるから)

Take this music and use it, let it take you away
(この歌を君に送るよ この歌が必要な君に)

And be hopeful, hopeful, and he’ll make a way
(希望さえ持っていれば、道はきっと開けるから)

I know it ain’t easy, but, that’s okay
(希望を持つことが簡単じゃないことくらい僕にだって分かってる)

Just be hopeful
(だけど、希望は捨てたらダメなんだ)

What I wear is all I have
(もう何も隠していない)

We lost our home, I’m livin’ from a bag
(家も失い、僕にはもう鞄一つしかない)

Yo mister bully, help me please
(ねぇいじめっ子さん達 お願いだから助けてよ)

I’m flesh and blood, accept me please
(僕だって君たちと同じ人間なんだ 受け入れてよ)

僕は英語がすごく苦手です
苦手なりに他の人の和訳を参考にしたり、グーグル先生を使ったりしながら自分なりに和訳してみました。
間違っていたらすみません…

Bars & Melody(バーズ アンド メロディー)について

Bars & Melodyのメンバーであるレオンドル君は「いじめ」を受けていました。
そんなこんなで毎日学校に行きたくない毎日…
しかし彼には「ラップ」という趣味があり、2013年にレオンドル君はSNSを通じてチャーリーを見つけました。
彼の動画に感動したレオンドル君はSNSを通じてチャーリーにメッセージを送りました。
すると、二人は意気投合し、2014年1月にレオンドル君とチャーリーとの曲作りが始まりました。
チャーリーはレオンドル君が「いじめ」をテーマにした詩を持ってきたときに初めてレオンドル君がいじめを受けていた事実を知ったそうです。
そうして実体験を元にできあがった曲が「Hopeful」

この曲はイギリスの人気オーディション番組「Britain’s Got Talent」で見事に合格し、イギリスのみならず世界中から注目されるアーティストまで成長しました。

自分の思い出したくもないようなことを歌にする…
とてもすごいことですよね

そのことを知った上で改めてお聞きください。

ストレートな歌詞ですごく感動してしまいました。
元気がないときなど、この歌から元気をもらっています。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です