【キャッシュレス普及】お店経営者必見!キャッシュレスにする数々のメリット

キャッシュレス決算のメリット

皆さんこんにちは、キャッシュレス大好き!マイライフメモリードットコム管理人のゆうしゃんです。

 

いきなりですが皆さんは「現金」を利用していますか?

多くの方が「YES」と答えると思います。

 

もちろん、僕も現金は利用しています。

が、正直あまり現金を利用したくありません。

 

そのため、財布の中にはいつも非常用の現金3千円ほどしか用意していません。

お給料をもらったら即座に銀行口座へ入金してしまいます(笑)

 

では、どうやって生活しているのか。

それは今話題の「キャッシュレス

 

最近僕は現金のみの店は避けて利用しています。

どうしても現金を利用しなければならないシーンではもちろん利用しますが、一度現金しか支払えないと分かった店は避けるようにしています。

 

僕以外にもそのような方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そう考えるとやはり現金のみの店は大きく機会損失をしていると思います。

 

僕はキャッシュレスをもっと普及していきたい。

そこで今回はお店経営者にとってキャッシュレス決算を取り入れる数々のメリットをご紹介していきたいと思います!

 

しかし、お店経営者目線でのメリットをご紹介する前に、お客様にどのようなメリットがあるか知っておいて損はないと思うので

お客様目線から見たキャッシュレス決算のメリットを先にご紹介いたしますね!

 

ちなみに、導入するのが難しそうなクレジットカード決算や、Suicaなどの電子マネー決算。

実は個人事業主の方でも簡単に導入できますよ!

お客様にとってキャッシュレスにするメリット

ポイント還元が受けられる

やはりお客様にとって一番のメリットはキャッシュレスにすることでポイント還元が受けられることだと思います。

皆さんご存じの通り、クレジットカードを始めnanacoやEdyなど多くの電子マネーでポイント還元を受けることができます。

 

その還元率は0.5%から多くても3%ほどと決して多くはありませんが、その小さな還元が積み重なればかなり大きな還元へとなります。

 

例えば、楽天カードとKyashというサービスを組み合わせれば3%還元となります。

毎月

  • 家賃4万円
  • 生活費10万円
  • 交際費1万円
  • 趣味・娯楽2万円

という家庭があったとします。

すると少なくとも生活費と趣味・娯楽の分の12万円はキャッシュレスで決算することができます。

 

楽天カードとKyashの3%還元で12万円を決算すれば

月3,600円相当の還元を受けることができるのです。

 

普通に決算にしているだけで、お小遣いを還元してもらうことができます。

これがキャッシュレス決算をする顧客にとって大きなメリットとなるのです。

家計簿をつけるのが楽になる

次に挙げられるのが家計を管理するのがとても楽になる点です。

もし現金決算で家計簿をつけるならば、その都度手動で入力していかなければなりません。

 

しかし、キャッシュレス決算ならば「マネーフォワード」などのアプリで

自動的に家計簿をつけていくことができます。

 

よく現金の方がお金の管理が楽になる。

そんな言葉を聞きますが、個人的にキャッシュレス決算の方が断然お金の管理が楽になります!

 

支払えば自動的にマネーフォードに記録され

家計簿をつけてくれるから。

 

しかも、全ての支払いをクレジットカードで行えば

お給料をもらってすぐに銀行口座に入れておけば、勝手に引き落とされていきます。

 

そのため、現金より100倍キャッシュレス決算の方がお金の管理が楽になるのです。

キャッシュフローが良くなる

お店を経営しているならばこの気持ちは痛いほど分かるのではないでしょうか。

お店経営者のみではなく、お客さん自身もキャッシュフローは大切です。

 

クレジットカードの一括払い、もしくは2回払いまでならばお客様は手数料不要で最長2ヶ月ほど支払いを先延ばしにすることができます。

 

これはお客さんにとってキャッシュレ主を使う大きな要因の1つになるのです。

お店側にとってのメリット

キャッシュレス層のお客さんを取り込める

今の時代僕のように現金払いのお店を避けて利用している人も多くいます。

現金払いのみだと、そのようなお客様を取りこぼしてしまうことになるのです。

 

これはとてももったいないですよね。

 

後ほど軽く触れようと思うのですが、キャッシュレスの場合手数料が必要になってきます。

3%少しの手数料が必要なのですが、これを支払うのが嫌なために現金払いのみにしているという経営者の方も多いのではないでしょうか。

 

しかし3%ほどの手数料を許容することで

キャッシュレス派の多くのお客様を集客することができるのです!

セキュリティ面でも安心

現金払いの場合お店のレジの中に多額の現金を抱え込むことになります。

その場合、もしもの時に多額の被害を被ってしまう可能性やクレームを受けてしまう可能性があるのです。

例えば…

  • お釣りの渡し間違い
  • 強盗
  • 店員による窃盗

などなどです。

どれも確率的に考えれば低いかもしれません。

しかし、キャッシュレス決算にすることで上記のようなリスクをさらに軽減することができます。

 

キャッシュレス決算を導入すれば、お釣りを渡す機会も減りますし

強盗が入ってきたとしても、全て現金払いのレジに比べれば、レジの中に入っている現金が少ないため被害も少なくなります。

 

このように、セキュリティ面でもメリットがあるのです!

入金サイクルも早い!

キャッシュレス決算のデメリットとして、お客様から決算してもらった後に自分の所へ送金されるまでに時間がかかる。

ということを思い浮かべるかもしれません。

 

しかし、最近は様々なキャッシュレス決算サービスが登場してきました。

サービスによっても違いますが、僕の知っているサービスである「AirPAY「エアペイ」 」は月3~6回のペースで、しかも振込手数料無料で振り込んでもらうことができます。

 

今までこういったサービスは月1回の入金と思っていた方も多いかもしれませんが

そんなことはないのです!

まとめ

このように消費者側にはもちろん、お店側にもメリットがある「キャッシュレス決算」

僕は近い未来全ての店舗がキャッシュレス決算に対応することを望んでいます。

 

まぐろラーメン1杯300円など、現金払いのみで良いなと思った店はいくつも知っています。

しかし、キャッシュレス決算が使えない。

キャッシュレス決算が使えるならば毎日行く常連さんになっても良いと思っているくらい気に入っているのですが、現金払いのみのためそんな頻繁には行きません。

 

最初の方にもお伝えしましたが、僕は現金払い決算しか導入していない店舗は大きく機会損失をしてしまっていると思います。

たった3%ほどの手数料をけちるがために多くのお客様を逃してしまっているのです。

 

是非、あなたのお店でもキャッシュレス決算を導入してください。

各種SNSやってます!

是非フォローのほどよろしくお願いいたします!
また、当ブログへのお問い合わせは、下記から可能です。

Twitter Instagram B!Hatebu Feedly Contact

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です