【年下だからって!!】マイルールを押しつてくる人に思うこと

マイルールを押しつけてくる人について僕が思うこと

皆さんこんにちはマイライフメモリードットコム管理人のゆうしゃんです。

 

僕は今長野県の「白馬村」

というところで住み込みでリゾートバイトをしています。

 

夏休みの時に約一ヶ月半、冬休みの時に二週間程度。

そして今回3月16日から4月6日までの約10日間働く予定です。

リゾートバイトを3日間続けて感じたこと

【リゾートバイト】アプリでリゾバ(住み込みバイト)始めました!3日くらい続けて思ったこと

2018年8月8日

 

夏休みの時、冬休みの時は

とっても楽しかったのですが。。。

 

今回春休みの時に来てみたら

見たこともないおじさんが。

 

そのおじさんは派遣できている3月末までのご年配の方なのですが。。。

マイルールを押しつけてきてとっても厄介。

 

年下の僕にがつがつと当たってきます。

正直辛いです。悲しいです。

 

今回はそんな「マイルールを押しつけてくる人」について少し考えていきましょう。

マイルールを押しつけてくる人の特長

どこの職場にも一定数いる「マイルール」を押しつけてくる人。

僕が思うに彼らは「完璧主義」で自分の中に断固たるルールを持っています。

 

しかし、それは会社の決めたルールではありません。

あくまで「自分の中のルール」です。

 

また、彼ら「マイルール押しつけ族」の方々は

常に周りを気にしています。

 

周りのことを気にしてくれるのはとってもありがたいのですが

マイルールを押しつけてくる部分はナンセンス。

ありがた迷惑というやつです。

 

彼らは結果だけでなく

過程も気にしてきます。僕も実際「こっちのやり方の方が効率が良い。こうしろ」

のように圧力をかけられました。

 

もちろん、僕のやり方が間違っているわけではありません。

僕的にはマイルール押しつけおじさんに言われたやり方よりも、自分のやり方の方が合っています。

 

にもかかわらず、その人のやり方に従わないと

きつく言われます。

 

これがものすごく辛い。

しかし彼ら「マイルール押しつけ族」の方々は言うことが正義だと思っています。

 

だって、常に「自分のやり方がナンバー1」と思っているから。

それ以外のやり方をしている人が見ると

  • なんて効率が悪いやり方をしているんだ
  • このやり方を教えてやらなければ

という考えになってしまうのです。

神経質

マイルール押しつけ族に「神経質」の方が多くいます。

彼らマイルール押しつけ族の方々は、とにかく細かいことが気になってしまいしょうがないのです。

 

僕はタイムカードの名前の「樋口」の「口」の字が小さい。

とご指摘を受けました(笑)

 

他人のタイムカードの名前まで細々とチェックしているのです。

正直ビックリしました。

 

『完璧主義』と『神経質』

かけ合わさると最悪です。もう悪夢です。

 

自分が気に入らないことがあれば、とことん追求してきます。

こだわりが強く自信過剰

彼らマイルール押しつけ族の方々は「こだわり」が強いです。

その上で自信満々。いや、自信過剰という言葉がふさわしいかもしれません。

 

「自分のやり方が正しい」という根拠なき強い自信を持っているからこそ

他人に指摘できるのです。

 

こだわる必要のないところまで

自信満々に突っ込まれるのは正直うざい。鬱陶しいです。

 

自信があるのはとても良いことだと思いますが、彼らマイルール押しつけ族は先ほどもいったように

とても神経質で、自分なりの断固たるルールを持っているため、マイルールを破ったときは自信を持って「それは違う!」と指摘してきます。

マイルールの押しつけは職場の雰囲気を壊すだけ

マイルール押しつけ族の方々は「自分は正しい」

と思っているかもしれません。

 

しかし、はっきり言って職場の雰囲気を壊しているだけです。

正直マイルール押しつけおじさんと一緒に働きたくありません。

 

3月いっぱいでどこかへ行ってくれるのであと数日我慢すれば良いですが、これが続くとなると僕は途中で辞めさせていただいていたかもしれません。

それほど苦痛です。

 

あと数日の我慢ですが、マイルール押しつけおじさんと働く時間が

地獄のように長く感じます。

やりませんが、仮病を使って休みたいくらいです(笑)

 

納得できないやり方を続けることはストレスだけでしかないため

自分のやり方を押しつけるのは辞めましょう。

 

人には人のやり方があります。

教えるときは「こういうやり方もあるよ!」という感じがベストだと思います。

 

同じリゾートバイトの社員さんは

「こういうやり方もあるよ!」と教えてくれます。

そういう言い方ならば、素直に受け入れられますよね。

 

僕はその社員さんとならば気持ちよく働けています。

マイルール押しつけおじさんとの仕事はもう地獄ですが…

まとめ

どこの職場にも一人は居る「マイルール押しつけ族」

自分の納得いかないやり方を押しつけたところで、その人にとってはストレスでしかありません。

 

自分は「その人のためにもっと良いやり方を」と思っているかもしれませんが

その人にはその人なりのやり方を持っています。

 

それが効率の悪いものかもしれません。

そういった場合「こういうやり方の方が良いんじゃない?」

といった言い方にしてみるのはいかがでしょうか。

 

言い方1つで相手に伝わる印象は180度変わります。

「こうすべきだ」と言われた場合と「こっちの方が良いんじゃない?」

あなたが言われた場合、どちらの方が気持ちいいですか?

 

少し考えれば分かるはずです。

無理に自分のやり方を押しつけるのは辞めましょう。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

今後ともマイライフメモリードットコムをよろしくお願いいたします!

各種SNSやってます!

是非フォローのほどよろしくお願いいたします!
また、当ブログへのお問い合わせは、下記から可能です。

Twitter Instagram B!Hatebu Feedly Contact

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です