行って検証!温泉好きが選ぶ長野県白馬村の温泉Best3!

白馬の温泉ベスト3!

皆さんこんにちはマイライフメモリードットコム管理人のゆうしゃんです。

 

いきなりですが、皆様へ質問です。

温泉は好きですか?

 

僕は温泉が大大大好きです!

 

そんな僕ですが、夏休みや冬休み、春休みなどに長野県の「白馬村」というところでリゾートバイトをしていました。

アプリでリゾートバイト始めました

【アプリでリゾバ】今日からアプリでリゾートバイト(リゾバ)始めます!リゾバ先からお届け

2018年8月5日

そこは温泉天国。白馬にはたくさんの素晴らしい温泉がたくさんありました。

 

僕は中抜け休憩中や休みの日などに白馬の温泉をたくさん巡りました。

しかも車もないためどんなに遠くても、温泉に入るために歩いて巡ってきたのです。

 

最長距離で片道約8時間かけて行った所もあります(笑)

 

日帰りで入れる温泉は制覇したと言っても過言ではないと思います。

そんな僕が「ここの温泉は良かった!」と思える温泉を5つ選んでご紹介していきたいと思います!

 

長野県の白馬で温泉を楽しみたいと思っている、そこのあなた!

是非最後までご覧くださいね。

行って良かった!白馬の温泉ベスト3

第1位:白馬槍温泉

長野県の白馬村に来たときは是非立ち寄っていただきたい温泉の1つが「槍温泉」

といっても、気軽に立ち寄れる温泉ではないですが…

 

この温泉は標高2,000m超えの所にあり、絶景と共に極上の湯を味わえる温泉です。

 

登山口から4時間~5時間ほどの登山をしなければ入れない秘境に位置する「槍温泉」

一度入れば登山の疲れなんて忘れさせてくれます。

 

ただ、立地条件的にものすごく交通の便が不便な点が難点です。

登山口まではバスがでていますが、登山口から車両は一切使うことができません。

 

また、夏の期間しか営業していないため、槍温泉のホームページで営業期間を確認する必要があります。

 

ただ、登山の後の温泉は本当に最高。

頑張って山を登った自分へのご褒美に、絶景と極上の湯をプレゼントすることができます。

 

槍温泉は

絶景秘境温泉「槍温泉」へ行ってきた

【リゾートバイトの休日】2連休に秘境温泉「槍温泉」へ!槍温泉小屋で宿泊

2018年8月31日

こちらの記事でご紹介しているので、是非ご覧くださいね。

 

白馬の他の温泉も素晴らしいですが、槍温泉は堂々のトップで1位に選ばせていただきました。

第2位:白馬みずばしょう温泉古民家の湯

シェラリゾートというホテルの中にある「古民家の湯」

温泉も素晴らしいですが、この温泉の一番良い所は「サービス面」

 

フロントの人の対応は「素晴らしい」

この一言です。

非常に気持ちの良いものでした。

 

また、温泉も広々と開放的で温度もちょうど良く、体の芯から温まることができます。

さらに、露天風呂もありました!

北アルプスの山々を眺めながら楽しむ露天風呂はとっても気持ちよかったです!

 

日帰り入浴の費用は

  • 通常1,000円
  • 繁忙期1,500円

と他の白馬の温泉に比べると少々お高い強めの価格設定ですが

  • バスタオル・フェイスタオルレンタル無料
  • マッサージチェアー無料利用可能
  • コーヒー牛乳飲み放題
  • アイスキャンディー食べ放題

というサービスがついています。

 

他の白馬の温泉では入浴料600円と古民家の湯よりお安いですが

  • バスタオルレンタル有料
  • フェイスタオル有料販売
  • マッサージチェアー10分100円

このように、オプションをつければどんどんと料金が上がっていきます。

その点考えると、古民家の湯はそこまでお高くはないのではないでしょうか。

 

また、クレジットカード決算できる点もGOODポイントですね!

第3位:道の塩温泉倉下の湯

倉下の湯は白馬の他の温泉とはひと味違います。

しかもお値段も大人600円ととてもリズーナブル。

 

道の塩温泉「倉下の湯」以外の白馬の温泉は、すべて透明のお湯となっています。

しかし、倉下の湯のお湯の色は「茶色」

 

お湯の温度はぬるめで、熱いお湯が嫌い。

そんな方でも気持ちよく入れるようになっています!

 

この温泉ならば何時間でも入れる。

実際僕はこの温泉が気持ちよすぎて、2時間くらい入っていたことがあります(笑)

それくらい気持ちが良い。お湯の温度が僕にはぴったりでした。

 

体の芯から温まっているようで、温泉から上がった後もしばらくカラダがぽかぽかしていました!

白馬に来たら是非立ち寄ってみてください!

各種SNSやってます!

是非フォローのほどよろしくお願いいたします!
また、当ブログへのお問い合わせは、下記から可能です。

Twitter Instagram B!Hatebu Feedly Contact

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です